カテゴリ:MV AGUSTA( 12 )

アグスタの話など。。

私に関わった皆様、色々とお世話になりましたm(_ _)m
明日からの新年も変わらずのお付き合いをよろしくお願いいたします。

今月は全く更新してませんでしたね。
11月の寒さにやられ、バイクもスクーターくらいしか乗りませんでしたわ。
12月は思ってるほど寒くなく、実はバイク乗れたんじゃんって感じでしたね。
ま、仕方がない。

バイクには乗りませんでしたが、BSのチャージャー使ってバッテリーは元気なので、すぐエンジンがかかる状態ではあります。
また、Xmasには電車でディーラーへ行き、ちょっとしたパーティーに参加したりしてました。
e0026541_18164568.jpg


そこで、純正のリアフェンダーを仮予約しちゃいましたよ。
定価より随分とお安くしていただいたので。
年明け入手予定です。
しかし、このディーラーは随分経営変えてきてますね。
良い方向へ向いてくれる事をお祈りします。
e0026541_18164646.jpg

e0026541_18164766.jpg


さて、mvagustaは倒産の危機からは脱したようですが、かなり規模を絞られたようで、新車の開発は滞りそうですね。
やたらRCシリーズはリリースしましたけど、新しいF4とか排気量の大きいタイプは保留ぽい。
世間ではバカ息子が駄目にしたんじゃないかと言われていて、新体制ではほぼ権限なさそうだ。
と言う話だが、どうなることやら?
e0026541_18164831.jpg


ではまた来年!
[PR]

by kawawasp | 2016-12-31 17:56 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(4)

魅惑のAGUSTATUOR( ^ω^ )

RIVALE乗りの知り合いから、アグスタオーナーツーリングのお誘いを受け、その企画に参加させていただきました。
今回で4回目かな。
屏風ヶ浦ツーリングで痛めた腰はすっかり良くなり、元気に11月6日日曜日常磐道守谷に集合したのであります。
今回はRIVALE2台にF3と私の4台。
揃った瞬間には、次友部行くと、7:20には移動開始∑(゚Д゚)
ま、車の流れに任せて友部へ走る。
温かい缶コーヒーを飲み、少しまったり。
まだ8時台。
AGUSTAを知らない人から声を掛けられる。
認知度低いバイクの集まりだわ(笑)。
私の経験からだいたいヤマハ?と聞かれる。
e0026541_10410960.jpg


次に、北茨城まで自由走行ねと、走り出す。
さっき飲んだコーヒーが尿意を、、、途中日立中央PAでトイレ。
e0026541_10411023.jpg


みなさん先へ行ってしまったが、目的地は認知してるから大丈夫。
北茨城を下りて、海岸線を走る。
道沿いのまだ店を開けてない食堂駐車場にバイクを停める。
e0026541_10411179.jpg

e0026541_11204137.jpg


快晴の良い天気、ススキ、海、AGUSTA、なんてステキ(笑)。
ここからは北茨城の山道へ向かいます。
e0026541_10411267.jpg

e0026541_10411338.jpg

e0026541_11204275.jpg


浄蓮寺渓谷からマウントあかねから水沼ダム湖、高萩市から花貫渓谷通り過ぎ花貫物産センターで休憩。
もうここまでハードとしか言えない(笑)。
お昼は大子に蕎麦屋目的で向かうも、お休みでした。
仕方なく来た道を戻り、行き当たりばったりの蕎麦屋にイン。
e0026541_11204302.jpg

e0026541_11204487.jpg

e0026541_11204589.jpg


真新しい店舗で、けんちんそばを注文。
北関東のこの辺は、定番のメニュー。
小いなりとリンゴが付いて¥700安。
美味しくいただきました。
並びの「しいなりんご店」でリンゴ試食して一袋購入。
e0026541_11204615.jpg


唯一のお土産になりました。

後半戦は、大子から水郷線沿いを南下し常陸大宮から城里、道の駅かつらで休憩をはさみ、ビーフラインで笠間経由の友部インターで解散となりました。
e0026541_11240488.jpg


なかなかハード(;´д`)
北関東から常磐道で真っ直ぐ帰りましたが、谷田部辺りから急激に混み始め、すり抜け走行を余儀なくさせられました。
(使い方あってる?)
総走行距離はこちら。
e0026541_11204645.jpg

また懲りずに走りに行きましょう( ^ω^ )
[PR]

by kawawasp | 2016-11-07 11:00 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(2)

MV ザガート

e0026541_18102335.jpg

エグリターゲットを思い出した。
正直言葉がありません。
で、いつ出すの?

[PR]

by kawawasp | 2016-08-27 18:08 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(2)

ひどい話だ。

「MVアグスタモニターキャンペーン」
購入したユーザーをないがしろにしている。
なんじゃそりゃぁ?だわ。。。。
アグスタの価値ってなんだろうか?
[PR]

by kawawasp | 2016-07-08 08:55 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(12)

SWM GRAN MILANO440試乗

6月11日と12日に、浜名湖ガーデンパーク特設会場にて『はままつポンポンまつり』という、子供から大人まで楽しめるバイク祭りが開催され、アグスタジャパンもagusta cafeとして新ブルターレやら新規導入のSWMの試乗会を行うと言うので、観光ついでに参加してきました。
当日のお天気は最高の梅雨晴れで、真夏日になりました。
観光を優先したため、会場に到着したのは午後2時半ごろ。
アグスタ試乗会の受付は3時までだったので、いっぱい人が来てたら翌日にしようかと思ってましたが、余裕で乗ることが出来ました。
e0026541_08532589.jpg

e0026541_08532595.jpg


チョイスしたのは、新ブルターレとモーターショーから気になってたSWM。
SWMはカフェタイプとスクランラブラータイプだが、今はやりのスクランラブラーはあまり興味がなく、GRAN MILANOを選択しました。
e0026541_08532680.jpg

e0026541_08532634.jpg


このGRAN MILANOは初めからシングルシートが付いていて、簡単にダブルシートとチェンジができます。
車検の関係上登録時はダブルシートになりますが、なかなかおさまり具合はイイ。
ハンドルはセパハンで前傾姿勢だが、さほどキツくなくまあまあ。
ステップは残念ながら前寄りで、後ろに10cm下がったらナイスな感じ。
タンクのエグレ具合は、ニーグリップするにはなかなかよろしい。
エンジンを掛けると、ビッグシングルらしく鼓動が腹に伝わるが、うるさいと言うよりも、歯切れ良いトトト音で心地良い振動だ。
走り出すと、やっぱりトルクフル。
低速でグングン走ります。
アクセルを開けるとトトトと地を蹴って、440ccと忘れる走りをしてくれました。
しかし、タイヤがダメ(´Д` )
中華製かなんかで、全くカーブを曲がる機能を有してません。
単純なコーナーでも曲がろうとせず、車体を起こそうとします。
多分タイヤを変えれば、マトモな走りができるとは思うが、、、フロント120/70-17リア150/60-17って普通なんだけどね。
で、車両価格だが、¥699840なんだわ。
手頃な大型を乗ろうと思うなら、かなり魅力的な価格。
でも、バイク乗りのコーナーリングを楽しむことがスポイルされているので、早期に改善されない限りオススメできませんな。
最後に、エンジンは中華製ですので信頼は薄いです。ただ、バイクを組み上げたり設計してるのは、ハスクバーナから移籍したスタッフとのこと。
中国資本のイタリアバイクという、言わば変なメーカーですな(笑)。
新ブルターレは他でインプレ書いてるかたがいたので特にありませんが、強いて言えば私的にはハンドル幅がモンスターのように広くあまり好きでありません。
抑えつける感じだし、すり抜けとか気になります。
他はイイんじゃない?
e0026541_08532690.jpg
e0026541_08532798.jpg



以上(笑)。

このお祭り会場では、エクストリーム走行やジムカーナ大会、子供向けのバイク教室など色々盛り上げてましたが、やはり都内で開催するイベントに比べると、人が少ないでしたね。
e0026541_08532767.jpg

e0026541_08532787.jpg


ま、おかげで試乗できましたけど。
[PR]

by kawawasp | 2016-06-16 07:46 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(0)

MV AGUSTAの保証

TURISMO VELOCEの取説P12にこう書いてある。
2.1.モーターサイクルの保証
・不適切な使用・怠慢・空気中の要因への暴露(塗装の退色、腐食等)・モーターサイクルの取扱説明書の明記されている最大積載量の超過によって生じた結果には保証は適用されません。

ここを読む限り、塗装の変色や劣化について、走行中に明らかに付いた傷や汚れによるシミ、意図的に汚してしまった場合、自然と発生した腐食さびは保証しないと読み取れるのだが、今回の私のケースについて、これには当てはまらないと思うのはおかしいことなのだろうか?
本気で争うとしたら勝てますかね?
塗装の状態の検証を科学的に調査すればわかるし、もしかして後から付いてしまったなんて答えも出るかもしれないけど、そこまでやらないと納得できない気持ちではいた、、、
しかし、無意味な、悲しい気持ちにしかならない。
ワランティ=保証(書)、瑕疵担保、認可、正当化、令状などの意味を持つ英単語。
やたらディーラーはメーカーのワランティと言うが、正当なジャッジをする方法はなかったんだろうか?
一番塗装に関しての問い合わせ(クレーム)が多くほとんど保証外扱いだそうで、ガイドラインが存在しているような気もするのだが?
ユーザーをどう思ってんでしょうかね?

ところで、この話は以上で終わります。

さて、サイドカウルというと、ばらして塗装することになりました。
金額負担も半額と言うことで手を打ちました。

現在パーツは宅配で送り、カバーなしのメカメカしいスタイルになっています。
e0026541_12203037.jpg
e0026541_12203154.jpg

これはこれでありか?
仕上がり待ちで10日もかからないかと。。。

いよいよ梅雨入りになりそうで、バイクに乗る機会が減ってくるとは思いますが、パーツの物色などで時間をつぶしたり、ツーリングのシュミレーションでもやって完成を楽しみにしていたいと思います。
[PR]

by kawawasp | 2016-06-05 12:12 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(0)

噂では聞いていたが(^_^;)

e0026541_125144.jpg
MV AGUSTA何かと先行き不安なり。
[PR]

by kawawasp | 2016-03-26 09:17 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(0)

東京モーターサイクルショー①初日にお邪魔しました( ^ω^ )

あまり気になるバイクはなかったけど、毎年恒例行事と言うことで、今年は時間がとれたので初日から見に行って来ました。

まず最初にMVブースへ。
e0026541_15453662.jpg

ドラ44限定車
e0026541_15453653.jpg

ソーラービーム。
e0026541_15453681.jpg

e0026541_15453742.jpg

e0026541_15453749.jpg

新型ブル。
e0026541_15453717.jpg

F4RC。
e0026541_15453748.jpg

e0026541_15453845.jpg

新型ブル細部。
ナンバーがフェンダーから離れてリヴァーレタイプになったのね。
e0026541_15453812.jpg

なかなか見れないストラダーレのリア側。
こうなってるんだ。
どうもステーがね〜
と、こんな感じのMVブースでした。

他はまた後で( ^ω^ )



[PR]

by kawawasp | 2016-03-25 15:31 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(0)

RIVALEパーツをお譲りします( ^ω^ )

RIVALEからTURISMOVELOCE乗り換えの為、移設できないパーツを放出いたします。

パーツは、MVの675・800エンジンを搭載するF3・ブルターレ・RIVALE共通のパーツで、カーボン製のマフラーカバーとヒールカバー各1点と、RIVALE専用プーチスクリーン1点、同じく純正カスタムシート(16Lタンク不可)1点、ドラッグスター・RIVALE共通リゾマミラーアダプター左右セットになります。
後、番外でDUCATIhypermotard1100・796空冷エンジン用のカーボンタンクカバー1点。

早い者勝ちで、コメントに連絡先を教えていただければ交渉しますので、ご興味がある方は宜しくお願い致しますm(_ _)m
※価格は新品の半値?以下で考えてます。

ヤフオクはここで引合いがなければ出品予定です。
[PR]

by kawawasp | 2016-02-23 07:44 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(2)

TURISMO VELOCE 800試乗

昨年夏にデビューしたTURISMO VELOCE 800。
MVでツアラーバイク?って異色な感じがしたけど、顔は明らかにF3系の顔つきでMVであることを主張している。
e0026541_2217896.jpg

テールランプはなんとなくパニガーレに似て、ん?なのだが、グラブバーとのバランスで新しさを感じる。
タンデムシート下の穴あきが、斬新なデザインとして受け止めるか、無駄な空間と思うかは自分次第(笑)。
ETC置場のスペースに欲しかったと思う人が沢山いそう。
跨るとリヴァーレとほぼ足つきは一緒。
ただハンドルを握って見える景色は全く違う。
22Lタンクは盛り上がり、合わせてハンドルポストも高い位置になる。
カウルとの間に鮮やかなカラー液晶メーターが、電脳装備のインフォメーションを表示する。
一連の操作を聞いたが、走りながらいじることにした。
アクセルのレスポンスが良く、軽い吹けあがりだ。
e0026541_22182859.jpg

ノーマルは8000rpmがリミットだが、フルパワー化された車両は11000rpmまで回るらしい。
間違ってもそこまで回さないよ。
試乗コースは環八から第三京浜、横浜新道の往復。
環八のダラダラした走りでも、カッタルさはなくスムーズに走る。
第三京浜はある程度スピードを出したが、カウルの恩恵により風の抵抗は少ない。
可動するスクリーンを一番高くすると、風が巻き込んで風切り音がするが、許容範囲。
すごく楽チン。
アクセルをガーッと開けると、やっぱりF3エンジンのクォーンと言うサウンドが気持ち良い。
リアタイヤがワンサイズ太くなったおかげで安定感も感じられた。
復路では、なんとなく感覚がわかってきた。
シートの座り心地や、ハンドリングが快適でクセがないバイクだわ。
シートの収まりとハンドル高さに違和感を感じたが、最初だけで問題は無い。
ステップの位置が、少し後ろに下がってくれたら、ベストポジション。
ウィンカースイッチがホーンボタンの上になり、普通の位置で安心できた。
試乗したグレードはルッソだったので、フロントサスが電子制御で乗車人数や荷物の荷重によって変更できるが、試してみてその差はハッキリとはわからなかった。
ギアはクイックシフターで、アップダウンともノークラOK。
ハイパー以来の快適シフト。
ツーリングには間違いなくモッテコイなバイクです。
ヘッドライトもLEDだし、いじるところはほぼありません。
e0026541_22193235.jpg
e0026541_2219859.jpg

やっぱり乗ってしまうと、この快適さにメロメロですわ。

と、いう訳で、近々乗換えます。
リヴァーレは約一年しかもたなかったわ。
でも、6000kmは乗ったんだな。

次回、納車の巻か?
[PR]

by kawawasp | 2016-02-21 22:20 | MV AGUSTA | Trackback | Comments(5)