人気ブログランキング |

『青の炎』

ずっと見ようと思っていた映画でした。
文庫本をタイムリーに読んでいたわりに、
今なんておかしいけど、
思ったより良いできだったと思います。

主人公は嵐の二宮
同級生の彼女?は松浦亜弥

結構良い演技してました。
二宮は『硫黄島からの手紙』に出演していて、
今まさに良い感じになってきていますね。

本題に入りますが、
3人家族(母親・秋吉久美子、妹・鈴木杏)で住んでいるところに、
別れた夫(血のつながりがない)が居候することが原因で、
家庭がおかしくなっている状況を、
二宮がその義理の親を殺すという、
お話なんだけど、、、
完全犯罪を実行したが、それを友人に見られてしまう、、、
そしてまた殺人を犯してしまう、、、

なんか切ない感じの映画なのだが、
一生懸命家族を守りたい!という気持ちは伝わってきました。
松浦の演技はちょいちょいで、もっと頑張って欲しいと思いますが、
ひとまずこのストーリーでは、
主人公を癒すことは出来たのではないでしょうか?

全編暗い雰囲気ではありますが
日本映画としてはなかなか良かったと思います。

そして星は>★★

レンタル店で見かけたら、一度試しに見ても良いと思いますよ!

by kawawasp | 2007-02-06 21:52 | DVD | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://dukawa.exblog.jp/tb/5099777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pahi at 2007-02-07 22:00
私も試写会でみました(だいぶ前)
あややはともかく 二宮くんの演技はよかったと思いました
Commented by かわ at 2007-02-07 23:08 x
コメントありがとうございますm(_ _)m
子供にも見せて良いものか確認の意味でもあったので、まぁ結果的には大丈夫そうでした。小説だと結構描写がきわどかったりして、心配してたんです。
また面白い映画があったら報告したいと思います。